もりにゅうラボ

腸研究ものがたり第5話:便秘と戦う人の強い味方「ビフィズス菌BB536」

img_cho_vol05便秘に悩まされる人は、年齢を重ねるにつれて増えていく。

これは加齢による腸内フローラの変化の影響が考えられるが、便秘気味の人が「ビフィズス菌BB536」を含む食品を食べると、腸内の有害物質が減少して症状が緩和されたという研究報告がある。

また、流動食を食べている高齢者が「ビフィズス菌BB536」を摂ると、「便秘気味の人は排便回数が増加し、下痢気味の人は排便回数が減少する」という結果も得られた。

排便に問題を抱える人には「ビフィズス菌BB536」の摂取をおすすめしたい。

この記事の感想をコメントする

※コメントするにはログインが必要です。


 

もりにゅうラボでは森永乳業の研究から見つけた「乳のチカラ」で健康な毎日を送るコツをお届け