もりにゅうラボ

腸研究ものがたり第6話:ストレス社会を生きる人に「ビフィズス菌BB536」

img_cho_vol04慌ただしい現代社会においては、ストレスにより精神的な疾病を患う人も少なくないが、最新の研究では腸内フローラがストレスに影響を与えることが分かってきた。腸には多くの精神細胞が存在しており、腸内フローラが脳や精神疾患にまで影響を及ぼしていると見られるのだ。

動物実験等では、腸内フローラの変化に応じて性格まで変化したり、「ビフィズス菌BB536」の摂取によってストレスが軽減されたりするという結果も得られている。今後もさらなる研究の進展に期待したい。

この記事の感想をコメントする

※コメントするにはログインが必要です。


 

もりにゅうラボでは森永乳業の研究から見つけた「乳のチカラ」で健康な毎日を送るコツをお届け