もりにゅうラボ

腸研究ものがたり第8話:”人”の健康を支える善玉菌「ビフィズス菌BB536」

img_cho_vol08私たちの健康に大きな影響を及ぼす腸内フローラ。

これを形成する善玉菌の代表格がビフィズス菌だが、実はすべてのビフィズス菌が人に対して有益に働くわけではない。
人と、マウスや豚などでは保有するビフィズス菌の種類が異なり、当然ながら人は人由来のものと相性が良いのだ。

例えば、ロンガム種やブレべ種と呼ばれるものなどがそうで、特にロンガム種は乳児から高齢者までの腸内に存在する。

「ビフィズス菌BB536」もその一種であるからこそ、様々な健康効果を持つと考えられる。

この記事の感想をコメントする

※コメントするにはログインが必要です。


 

もりにゅうラボでは森永乳業の研究から見つけた「乳のチカラ」で健康な毎日を送るコツをお届け