もりにゅうラボ

腸研究ものがたり第10話:高齢者の免疫力を高める「ビフィズス菌BB536」

img_cho_vol10腸内フローラは、年齢を重ねるにつれて変化する。このことは遺伝子を用いた解析でも明らかにされており、高齢者の健康との関係も注目されている。

近年では腸内環境の改善に役立つ「ビフィズス菌BB536」の摂取が健康にもたらす様々な効果が報告されているが、その代表的なものがインフルエンザの感染予防だ。

一般的に、免疫力は加齢に伴って落ちていくものだが、高齢者にビフィズス菌BB536を摂取してもらう試験では、免疫力の向上と、インフルエンザの感染率低下が確認されたのだ。

この記事の感想をコメントする

※コメントするにはログインが必要です。


 

もりにゅうラボでは森永乳業の研究から見つけた「乳のチカラ」で健康な毎日を送るコツをお届け