もりにゅうラボ

チーズは、生乳をギュッと濃縮した栄養満点食材

img_cheese151125



寒くなってくると、熱々に焼いたグラタン、チーズフォンデュ、リゾットなどチーズ料理が食べたくなりますね。今や、世界各国のチーズを日本に居ながらにして楽しめます。

チーズの分類


チーズには、大きく分けてナチュラルチーズと、プロセスチーズがあります。

ナチュラルチーズとは、生乳中のたんぱく質を酵素等で凝固させ、水分を取り除いたものです。非熟成のチーズと、熟成したものがあり、菌により日々熟成が進み味も変わります。輸入チーズのほとんどがナチュラルチーズで、カマンベール、モッツァレラチーズ、ブルーチーズなどがあります。

プロセスチーズは、ナチュラルチーズを熱で溶かし乳化剤で乳化させたもので、スライスチーズ等があります。加熱で醗酵が止まり長期保存に適しています。

チーズの栄養素


チーズは「白い肉」と呼ばれる程良質なたんぱく質を多く含んでいます。チーズ10gを作るのに、100mlの生乳が必要です。生乳の栄養素をギュっと濃縮したものなのです。

カルシウム、ビタミンB2、ビタミンAも豊富。

日本人に不足しがちなカルシウムを、少ない量で手軽に補えます。成長期の子供、骨粗しょう症になりやすい女性にも嬉しい食材です。

チーズ料理


簡単チーズ料理を紹介します。

フランスパンをスライスまたは、食パンを4等分したものに、粉チーズ、マヨネーズ、シラスを混ぜたものを塗る。オーブントースターで、こんがりと焼く。

熱々な時に食べると、とても美味しいです。冷えても美味です。カルシウム豊富で、子供のおやつにも最適です。
ワインにも合います。寒い日に栄養満点、熱々のチーズ料理を堪能してみませんか?

この記事の感想をコメントする

もりにゅうラボでは森永乳業の研究から見つけた「乳のチカラ」で健康な毎日を送るコツをお届け