もりにゅうラボ

赤ちゃんにヨーグルトを食べさせても大丈夫?

新米ママにとって、離乳食作りはドキドキがいっぱいの大仕事。食品選びも、「どれがいいのかな?」と迷ってしまいますよね。
赤ちゃんの離乳食としてヨーグルトは、食べさせても大丈夫です。
離乳期が始まるのはだいたい生後5~6か月で、ヨーグルトなどのたんぱく質を多く含む食品は、離乳をスタートして1か月を過ぎた頃から与えてよいとされています。

ただ、いろいろな種類がありますが、砂糖の入っていないプレーンタイプを選びましょう。加糖ヨーグルトはあげないでくださいね。離乳初期には薄味が基本です。
「プレーンタイプは、私は苦手」とママが思っていても、赤ちゃんにはちょうどよいのです。
この頃に濃い味つけに慣れてしまうと、成長してからも濃い味を好むようになり、生活習慣病につながるおそれもあるのだとか。
子どもの将来のためにも、大人が「物足りない」と感じる位の味つけを心がけましょう。



53322427ccf8f.jpg

この記事の感想をコメントする

もりにゅうラボでは森永乳業の研究から見つけた「乳のチカラ」で健康な毎日を送るコツをお届け