もりにゅうラボ

夏の上手な過ごし方と、お勧め食材

summer01

梅雨も終わると本格的な夏がやってきますね。夏に食欲が落ちたり、冷たいもの
ばかり摂る方もいるのではないでしょうか?

夏の不調の症状は、だるい・疲れやすい・食欲がなくなる等があります。

原因は、栄養素、水分の不足、睡眠不足、強い疲労、エアコンでの室内外の温度差
暑い中での作業、運動等です。

夏の不調にお勧めの栄養素と、食材を紹介します。


〇疲労回復に効果的な栄養素と食材
【ビタミンB1】
ビタミンB1は、ご飯などの糖質をエネルギーに変え、
体内で疲労物質に変わるのを防ぎ、代謝を促す効果があります。
・おすすめ食材:豚肉・うなぎ・豆類等
・あわせておすすめ:ビタミンB1の吸収を良くするアリシン にら・にんにく・たまねぎ等

【クエン酸】
クエン酸は疲れの素となる乳酸を分解するので、疲労回復に効果的です。
酸っぱいものに多いです。
・おすすめ食材:梅干し・酢・かんきつ類等
基本はバランス良く食べ、夏に不足しやすいタンパク質、ビタミン、ミネラルを摂ることです。

良質のタンパク質には、乳製品・卵・肉・魚・大豆類があります。

暑い夏に食べやすい料理2品を紹介します。


〇冷やし中華 ゴマミルクだれ
いつもの冷やし中華に、疲労回復に効果的な茹でた豚肉をたっぷり入れます。
良質なタンパク質の卵、夏野菜のきゅうり、トマトもトッピング。

牛乳は、良質なタンパク質を含みます。すりゴマはビタミンB群が豊富で一緒に加えるとコクも出て、
いつもと違うまろやかな美味しいたれが出来ますよ。いつものしょうゆだれに、
牛乳とゴマを加えてお好みの味にしてみてください。

〇うなぎチャーハン
うなぎは焼いてから一口大にし、卵をスクランブル状に炒め、ねぎも一緒に炒める。
具材とうなぎのタレをご飯に混ぜて完成。

疲労回復に効果的なうなぎと、良質なたんぱく質である卵を加え、栄養満点です。
美味しいので食が進みます。

水分補給は、こまめに少しずつ摂りましょう。
ミネラルを含む、ルイボスティーや、麦茶も良いですね。
ただし、冷たい飲み物ばかりだと、胃腸の働きを低下させ、ますます食欲低下しますので、
その点はご注意ください。
また、食事中の水分摂取は胃液を薄めてしまい、消化能力が下がってしまうため、
なるべく控えるようにしましょう。
水分摂取は食事の数十分前に行うのがよいと思います。
冷房にも注意が必要です。
冷房による寒暖の差は自律神経の乱れや、秋、冬の体にも影響が出ます。
冷やしすぎないようにしましょう。

これから、暑い夏がやってきます。
これらのことを意識し、楽しく夏を過ごして下さいね。

もりにゅうラボでは森永乳業の研究から見つけた「乳のチカラ」で健康な毎日を送るコツをお届け