もりにゅうラボ

体調を崩しやすい季節の変わり目・・・ この秋を元気に過ごすための対策&食材をご紹介!

img_momijiこんにちは。管理栄養士の佐野雪江です。

img_sano

秋は味覚の秋、読書の秋、スポーツの秋と過ごしやすい季節ですが、季節の変わり目は暑い日もあったり、肌寒い日もあります。乾燥もしてきて体調をくずしやすい季節でもあります。

■秋の過ごし方のポイント


秋になると、暑い日もありますが、どんどん気温は下がっていきます。
湿度も下がり、空気が乾燥していきます。

乾燥対策が大切です。
乾燥を防ぐことで、肺を守ります。

喉の痛み、咳、肌の乾燥などを防ぐためにもしっかりとケアをしていきましょう。

マスクをして乾燥から守り、クリームを塗り、肌の乾燥を守ります。
寒くなったと思ったら、暑くなったりと気温の変動があります。
こまめに、服の調整をしましょう。
冷えには、十分注意しましょう。

しかし、徐々に寒さになれることが大切です。
あまり厚着をしないで、上着を1枚もち対応していきましょう。

スポーツの秋とは言いますが、過度な運動は避け、体力を使いすぎないようにして過ごしていくとよいです。

■この時期におすすめの飲み物、スープ


はちみつは咳、淡、皮膚の乾燥に良く、風邪予防に良いです。
牛乳は、肺や胃腸を潤す効果があります。

リラックス効果もある牛乳にはちみつを入れた、はちみつホットミルクで夜のひとときを過ごすのはどうでしょうか?

白菜、レンコン、豆腐などを入れた、ミルクスープもお勧めです。
ミルクの旨みと、出汁で、塩は少しでもおいしいスープになります。

また、風邪をひきやすい季節。
風邪や、冷えに効果的なネギや、ショウガをみじん切りにしたスープも、この時季に取り入れてみては。

食事をしっかり摂り、カラダの土台を作りましょう。

気温の変化に体が追いつかず、体調を崩しやすい季節の変わり目。
秋を楽しむためにも、しっかりとカラダをメンテナンスしていきたいですね。

この記事の感想をコメントする

※コメントするにはログインが必要です。


 

もりにゅうラボでは森永乳業の研究から見つけた「乳のチカラ」で健康な毎日を送るコツをお届け