森のキッチン

ホットミルクの膜が張らないように作るには?

牛乳を電子レンジや鍋で温めたとき、表面にできる薄?い膜。いったい何だと思いますか?

その正体は、牛乳に含まれている脂肪やたんぱく質が固まったもの。
牛乳は40℃以上になると、表面の水分が蒸発し、乳成分が濃縮凝固して膜ができます。その現象を、『ラムスデン現象』といいます。豆乳から作られる湯葉も同じ原理なんですよ。
ラムスデン現象によってできた膜には、牛乳の栄養分がたっぷり含まれているので、捨ててしまわずに食べるのがおすすめです。

とはいえ、あの舌触りがどうしても苦手という方に朗報です。 鍋を強めの中火にかけ、混ぜながら温めると膜が張らないように作れます。 その際は鍋の底が焦げ付きやすいので、底から混ぜてくださいね

お鍋で丁寧に作ったホットミルクは、味わいもいっそうおいしく感じられそうですね。



5332289b662dc.jpg

この記事の感想をコメントする

森のキッチンでは森永乳業の公式レシピ、ブロガーレシピ、みんなのレシピを掲載しております。乳を使った簡単アレンジレシピが満載!