森のキッチン

ホイップクリームの泡立ての目安は?【動画で解説】

イベント事に欠かせないのがケーキ。
おしゃれなケーキを買うのもいいけれど、家庭で作るケーキはまた格別ですよね。

ところで皆さんの中には、ホイップクリームでデコレーションするときにレシピでよく出てくる『○分立て』といった表記、実際のところどんな固さなの?と疑問に思われている方も多いはず。

今回はホイップクリームの泡立ての目安について動画でご紹介。

上手に泡立てるコツも併せてご紹介しちゃいます☆

<用意するもの>
ホイップクリーム 200ml ※今回は森永ホイップを使用しています
ボウル(直径25?30cmの大きめのもの)
泡立て器 ※ハンドミキサーの場合は羽が2本あり、3段変速以上あるもの
砂糖(大さじ1?2)
 

ホイップクリームをボウルに入れ、砂糖を加えたら準備完了(砂糖の量は200mlのクリームに対して大さじ1?2が目安です)。
泡立て器で泡立てます。このとき泡立て器でボウルの直径いっぱいに素早くかき混ぜ、ホイップクリームに空気を取り込むように混ぜるのがコツです。

ホイップクリームが液状からとろっとしてきます。


【7分立て】
7分立て(-しちぶだて)は、泡立て器をすくい上げるともったり重く、線が描ける状態を目安にします。
デザートの上に流し込むような時などに使用します。ここからクリームが重たくなるので、状態を見ながらよく混ぜます。


【8分立て】
8分立て(-はちぶだて)は、泡立て器をすくい上げるとホイップの先端が曲がる状態を目安にします。
スポンジケーキの表面に塗る時などに使用します。


【9分立て】
9分立て(-くぶだて)は、泡立て器をすくい上げるとホイップの先がピンと立つ状態を目安にします。
絞り袋でデコレーションする時などに使用します。


≪上手に泡立てるコツ≫
☆ホイップクリームは冷蔵庫で冷やし、よく冷えた状態のものを使いましょう。
☆夏場など室内の温度が高い時はクリームが入ったボウルより一回り大きいボウルに氷水を入れ、その中にクリームが入ったボウルを当てて、冷やしながら使うと良いでしょう。
☆泡立てるときはホイップクリームの1箱(容量200ml)に対して、直径25cmぐらいのボウルが最適です。泡立て器でボウルの直径いっぱいに素早く大きくかき混ぜ、ホイップクリームに空気を取り込むようにしましょう。
※ハンドミキサーの場合は一番高速で、7分立てまで勢いよくかき混ぜ、空気を取り込むように仕上げます。



5493a833a6f9c.jpg

森のキッチンでは森永乳業の公式レシピ、ブロガーレシピ、みんなのレシピを掲載しております。乳を使った簡単アレンジレシピが満載!